Contact Us

Use the form on the right to contact us.

You can edit the text in this area, and change where the contact form on the right submits to, by entering edit mode using the modes on the bottom right. 

           

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

映像保存学会AMIAレポート2017

News & Reports

News & Field Report is a blog covering a variety of topics in relation to the events, activities, and researches organized and/or attended by CCJ. The reports are told in Japanese and/or English, depending on the intended audience; not all reports are bilingual. 

ニュース・レポートではCCJが関連するイベント、活動、研究などをブログ感覚で紹介します。レポートはバイリンガルのものもあれば日本語読者に向けたものや英語読者に向けたものもあります。

映像保存学会AMIAレポート2017

Ann Adachi-Tasch

Image: Mitsuru Maekawa

2017年秋にニューオーリンズで開催されたアメリカの映像保存学会Association of Moving Image Archivists のカンファレンスではCCJもパネルを発表をさせていただいたり、様々なプレゼンテーションがありました。その中からCCJに関連性のあるプレゼンテーションやレポートをシェアさせていただきました。

  1. Reconstructing Expo 67 Films by Stéphanie Côté, Cinemathèque québécoise
    Session: The Films of Expo 67 – 50 Years Later (12/1, 11:00 AM – 12:00 PM)

    Expo’67に関する映像作品の近年の復元、保存についてシネマテーク・ケベコワズステファニー・コテー氏が発表した。55のパビリオンがフィルムを使った中で、典型的なシングルスクリーンでの上映ではなく、天井、床、壁、鏡、岩、動くキューブ、回転装置、十字架型、地球儀型などに投射され、様々なフィルムのフォーマットが使用された。それらの作品の復元のプロセスやチャレンジが発表された。

  2. "Skill Share" in Cambodia, Japan, and Malawi by 鈴木伸和、東京光音
    Session:Skill Share in Asia & Africa: Case Studies in Cambodia, Philippines, Japan, and Malawi (12/2, 9:45 AM – 10:45 AM)

    東京からお越しいただいた鈴木伸和氏によるカンボジア、マラウィ、そして日本の東日本大震災後のフィルムのレスキュー活動へのスキルシェアについて発表して頂きました。

  3. Syllabus Analysis of AV Archiving Curriculum by Janet Ceja & Adam Shutszman, School of Library and Information Science, Simmons College
    Session: AV Archiving in the Cultural Heritage Sector: Defining Core Competencies (12/1, 3:30 PM – 4:30 PM)

    このプレゼンテーションはアメリカにおける映像保存に関する教育過程、カリキュラムのアナリシスの発表で、NYU、UCLA、Prattなど映像保存のプログラムを提供する大学のシラバスのデータからどのようなスキルや知識を教えているか、一番ポピュラーの教育本のリストなどがレポートされている。ちなみに最も多く教えられている知識は:1)保存、2)アーカイビング、3)歴史、4)アクセス、5)機関専門知識(美術館、図書館、アーカイブなど)。最も多く教えられているスキルは:1)アセスメント、2)メタデータ記述、3)デジタル化、4)AV取扱、5)ディスカッション。

  4. Report:AMIA2017報告 by 前川充

    AMIAカンファレンスでのセッションで、最新のメタデータ抽出テクノロジーやインタビューなどの多言語インでインデキシングなど、前川氏が参加したセッションについて重要な点がレポートされている。